おおはら歯科クリニック

ブログ

Blog

お子様のフッ素の活用

Pocket

大阪狭山市 金剛駅 310号線沿い 東茱萸木のおおはら歯科クリニックの大原です。

小さなお子さんがいる家庭で、特に気になるのは虫歯予防についてだと思います。特に2~3歳の頃のイヤイヤ期などは歯ブラシをするだけでも一苦労です。私にも3歳の娘がいるので大変さがわかります。そこで、少しでも虫歯予防の効果を高めるために、おすすめしているのはフッ素の活用です。 当院では以下の活用をお勧めします

①歯科医院で定期的にフッ素塗布してもらう

 歯科医院のフッ素は9000ppmという、かなり濃度の高いフッ素です。3ヶ月に一度くらい虫歯のチェックもかねて塗ってもらうと良いでしょう。

②家での歯ブラシ時にフッ素入りの歯磨きペースト、もしくはジェルを用いる 

ご家庭で使えるフッ素は950ppm(乳幼児は500ppm)と濃度はそんなに高くありません。なので、毎日使い続ける事が大切です。

うがいができるお子さんは歯磨きペーストで良いと思います。(ジェルを併用しても良いです)

まだうがいが上手にできないお子さんはジェルを使うと良いでしょう。毎日使用すれば、確実に予防効果はあります。 虫歯は大きくなってしまうと麻酔が必要になったり、酷くなると神経の治療が必要だったり大変です。虫歯になる前にしっかり予防をしましょう!