おおはら歯科クリニック

ブログ

Blog

ブラキシズムの対処法

Pocket

大阪狭山市 金剛駅 310号線沿い 東茱萸木のおおはら歯科クリニックの大原です。

前回、ブラキシズム(歯ぎしり)による痛みについて書きました。 今回は対処法についてご説明します。

まず、根本的に歯ぎしりを無くす事はできるのか? 答えは、かなり難しい(個人的には)です。一つの方法として、自己暗示療法があります。例えば寝る前などに「口を閉じても、歯は噛まない!」と強く念じます。心の中で10回くらい念じます。そうすることで自己暗示をかける方法です。日中であれば上下の歯を噛みしめていると気ずいた時点で同じように念じます。効果は正直どこまであるか微妙です。もう一つの方法はマウスピース(ナイトガード)をはめて寝ることです。

マウスピースをはめることで、上下の歯が直接ガチガチ当たらなくし、さらに筋肉を緩まします。これは結構効果があります。私自身も普段使っていますが、確実に効果があります。ただ初めは、これをはめているのが結構違和感があって、無意識で外したりしますがしばらくすると慣れていく方が多いですね。材質は固いのを良く使用します。(写真は柔らかいタイプです) 固いのがどうしても無理な方は柔らかいのを使用します(柔らかいのは破れやすいのと、効果がやや弱い気がします)。保険負担で大体56千円ほどで作れます。歯ぎしりが気になる方や、上記のような症状の方はご気楽にご相談ください。