おおはら歯科クリニック

ブログ

Blog

歯が抜けた後の治療について

Pocket

大阪狭山市 金剛駅 310号線沿い 東茱萸木のおおはら歯科クリニックの大原です。

本日は歯が抜けた後の治療についてお話しします。昔は歯が抜けてしまうと、その後の治療はブリッジ入れ歯しかありませんでした。ブリッジとは抜けた歯の前後の歯を削って、冠を入れる治療です。

これは保険治療の金属のブリッジの写真です。そして入れ歯は皆さんご存知の治療ですね。抜けた歯の前後の歯にフックなどをつけて支えて歯をいれます。

この二つに加えて登場したのがインプラント治療です。歴史はかなり古くて40年くらいでしょうか。そこから年々材料や器具など進化していて、今では一般の方々にも認知されるようになりました。

基本的に、歯が抜けてしまった後の治療はこの3種類から患者さんとご相談しながら選択することになります。

どの治療にも言えるのですが、全てメリットとデメリットがありますので、一概にこの治療が一番!とは言えません。次回より一つずつ解説したいと思います。