おおはら歯科クリニック

ブログ

Blog

歯内療法って?


大阪狭山市 金剛駅 310号線沿い 東茱萸木のおおはら歯科クリニックの大原です。

今日は歯内療法(根管治療)についてお話しします。

恐らく、患者さんにとって一番なにをしているのかがわからない治療No.1だと思います。「根っこの治療をしていきます」とか、「歯の中をお掃除していきます」など言われた事はないでしょうか? 地味な治療なのですが、とても重要で、かつとても難しい治療なのです。

歯の構造を簡単に説明しますと、表層に硬いエナメル質その下にすこし柔らかい象牙質その下に歯髄という神経と血管の塊があるのです。この画像の歯の内部の赤い所が歯髄です。

虫歯などでこの歯髄の中にバイ菌が感染を起こすと、強い痛みがでたり、大きく腫れてきたりします。その時にはこの感染した歯髄を取り除かなくてはいけません。

これが歯内療法と呼ばれるものです。(細かい話しは割愛しています)

大まかな治療の流れはこんな感じです。

  虫歯を取り除く神経管(根管といいます)の中をエントツの中を掃除するみたいに綺麗にしていく薬剤でよく洗う再度バイ菌が入りにくいように、神経管を薬剤で埋め込む詰め物、被せ物などをする

言葉でいうと簡単なのですが、実際やると道具をいっぱい使う上に見えない部分の処置なので、難しいのです。

大体24回くらいかけて、薬で埋め込むところまでいくことが多いですね。詳しい説明は次回またしていきたいと思います。